おすすめの美顔器【失敗しない効果のある美顔器の選び方】



bigankinavi.net

ゴールドカード

HOME > 美顔器の選び方について > 美顔器のコスメの選び方

 teach.png 美顔器のコスメの選び方

美顔器コスメ美顔器を使用する時に、コスメも一緒に使用するもの
美顔器単体だけで使用できるものと機種によって
異なります。超音波美顔器、イオン導入美顔器は
コスメを使用しないと使っても意味のない美顔器です。
ですが使用しない美顔器もコスメの使い方次第で
スキンケアが格段にアップしますので知っておくと
周りとの差をつけられるでしょう。
美顔器のランニングコストについても確認しましょう。

超音波美顔器のジェルの選び方


超音波美顔器は水溶性のジェルを通して肌に振動を伝えます。超音波美顔器を使用する時は
必ずジェルが必要になります。それ以外のものを使用しても美顔器の効果は得られません。
美顔器を買うとセットでジェルが最初に付いてくるかと思います。
無くなった後は同じものをメーカーで購入してもいいですが美容成分の入っていないただのジェルで
あったりコスト的に高かったりしますよね。何も入っていないジェルは汚れを落とすのとマッサージを
する機能どちらにも対応可能です。超音波美顔器は、クレンジング効果とマッサージやコスメを
浸透させる効果を持っています。超音波美顔器に使用するジェルは水溶性であることがまず1つですが
その中に美容成分が入っているともっとお肌が良くなります。
クレンジングジェルを使用する方もいますがこれは、あくまでクレンジングとして行うものですので
汚れをきれいに落とす時には有効です。クレンジングをした後の超音波美顔器の使用なら美成分を
含んだものがおすすめです。例えば、コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸、ビタミンCなど
お肌にうれしい成分が入っているとマッサージ効果+コスメの成分もお肌に一緒に浸透してくれます。
もちろん、普通のジェルでもその後のスキンケアも何もしないよりは効果的です。
超音波美顔器を使用するなら美容成分入りは断然おすすめします。
Square_wht_Right.png 超音波美顔器のジェルを探す

超音波美顔器にはイオン導入の機能も付いていることがあります。その場合はイオン導入できる美容液を
使用する場合は普通のジェルでもいいかもしれません。使用しない場合は美容成分入りがおすすめです。
以下のイオン導入美顔器の美容液の選び方も参考にして下さい。

イオン導入美顔器の美容液の選び方


イオン導入できるものは水溶性の分子量の小さいビタミンCとプラセンタなどです。
メインは上の2つを使用する場合が多いのですがアミノ酸、フィチン酸、ビタミンHも導入可能です。
これらの美容成分以外はイオン導入しても入らないので使用しても意味がありません。
また、保存料・添加物等が含まれてないことと水溶性の美容液であることです。

ビタミンCとプラセンタの効果が似ているためどちらを選べばいいの?


ビタミンCとプラセンタの美白など効果が似ているためどちらを選べばいいのか悩みどころです。
それぞれいい部分があるので肌の悩み、年齢に合わせて使い分けたり同時に使用するのもいいでしょう。
普段使いはプラセンタでここぞ!という時や日焼けをしてしまった、しみに効果を早く出したい場合に
ビタミンCを使うというスタイルもおすすめです。

ビタミンC
・特にシミに効果が高い
・肌の表面を白くするので、即効性がある
・部分使いに適している
・美白効果だけならビタミンCがおすすめ

プラセンタ
・30歳以上なら効果が高いのでアンチエイジングに効果的
・肌全体がキレイになる
・シワ等に効果が高い
・肌の内側から再生するので効果がでるまで少し時間がかかる


それぞれの美容液にも選び方がある!


<ビタミンC美容液の選び方>
ビタミンCは美白効果、抗酸化作用、コラーゲンの生成、免疫アップなどの効果がありますが、とてももろく
壊れやすいのでお肌に塗っても効果を得るどころか酸化して日焼けの原因さえ作ってしまいます。
そこで、ビタミンCをうまく取り入れるようにビタミンC誘導体ができました。
誘導体は肌の表面ではビタミンCにならず安定状態で肌の奥へ入ると肌の中の酵素によってビタミンC
へ変わります。必要な場所でビタミンCを与えることができるのがビタミンC誘導体の特徴です。
ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性があり様々な種類が種類があるので選ぶべきものに迷ってしまいます。
イオン導入美顔器に適したビタミンC誘導体は水溶性であることがまず条件ですのでリン酸型を選びましょう。
成分表示にリン酸アスコルビルマグネシウム、リン酸アスコルビルナトリウムと記載されているものを
選びましょう。選び方を間違ってしまうと、ここでイオン導入の効果が分かれます。
濃度も様々ですが1〜2%ではあまり効果を感じられないようです。医療現場では4〜5%と高濃度
ですが刺激を感じてしまうようです。3%からの使用をおすすめします。
doticon_wht_right.png ビタミンC誘導体美容液を探す

<プラセンタ美容液の選び方>
プラセンタは細胞修復、再生作用、抗酸化作用、美白効果、コラーゲンの生成などビタミンCと似た作用が
あります。イオン導入に使用するプラセンタも水溶性のものを必ず使用します。プラセンタ以外の他の成分が
入っている美容液は導入できませんので原液にして下さい。一般的には、プラセンタは動物の胎盤のことですが
プラセンタには植物性海洋性があります。動物性ですと馬、豚、牛などから抽出されます。
馬プラセンタは、豚プラセンタの約250倍以上のアミノ酸を含んでいるといわれていますので値段も高めです。
効果はさほど変わらないという話も聞きますがお肌の効果を見て使って比べるといいかもしれません
動物性プラセンタには、成長因子(グロースファクター)という成分が含まれていおり細胞増殖因子とも呼ばれ
細胞増殖をコントロールする働きを持つタンパク質の一種です。
アンチエイジングに欠かせないコラーゲンやエラスチンを生成する細胞を活性化させるためます。
この成分は海洋性・植物性プラセンタには入っておりませんので、できれば動物性プラセンタをおすすめします。
doticon_wht_right.png プラセンタ美容液を探す


美容液は、長く放置しないこと!


ビタミンCは、特に酸化が進みやすくこの酸化状態の美容液は逆にお肌に悪影響を与えてしまいます。
これを使用してしまうとシミ、ニキビなどの原因にもなります。
保存料がない美容液を使用する場合は何年も放置したものは使用しないこと。
また、なるべく保存は直射日光を避けたり暑いところに置かないことです。
どんなコスメにもそうですが新鮮な状態で使用することが安心です。


スチーム美顔器のコスメの選び方


スチーム美顔器を使用する時にマッサージをする場合、専用のマッサージクリーム、ジェル、オイルが必要です。
ジェル、クリーム、オイルそれぞれ使い勝手も異なりますし洗い流すタイプ、洗い流さないタイプがあります。
マッサージ専用のコスメ自体に美容成分が入っている場合も一石二鳥です。美容成分もそれぞれ違いますので
効果に合わせて選ぶことをおすすめします。また、香りなども入っているとリラックス効果もあります。
肌のタイプによって選ぶのもおすすめです。乾燥肌の方はオイル>クリーム>ジェルの順番でおすすめします。
脂性肌の方はその逆です。オイルの場合だとホホバオイル、オリーブオイルがおすすめです。
アロマ系の顔に使用できるものはリラックス効果も高いです。クリームでおすすめが美容成分の入っているもので
美白効果、引き締め効果、発熱効果で血行、新陳代謝促進で小顔効果も期待できるものがあります。
ジェルやゲル系はさっぱりしているので毛穴を気にしている方や脂性肌の方におすすめです。
doticon_wht_right.png マッサージクリーム・ジェル・オイルを探す


ほかの美顔器を使用した場合のコスメの選び方


超音波美顔器、イオン導入美顔器の効果やコスメについて少し理解して頂いたかと思います。
では、光美顔器、低周波・高周波美顔器、ローラー美顔器は全くランニングコストもかからず
使用できるので基礎のスキンケア以外何も必要ないのでしょうか?正しい基礎のスキンケアは基本です。
そこに自分の悩みである部分をもっと改善したいための美顔器ですので自分の肌の悩みに合った美顔器を
使用して満足しているならそれい以上、必要なものはないかもしれません。
化粧水、乳液にプラス美顔器の方であれば美顔器で補えない部分を美容液で補うのもいいでしょう。
全てに対応している美顔器もありますがそれぞれ、得意分野がありますので全てに必ず効果が
出るものでもありません。美顔器こそ基礎のスキンケアの一部として使用してプラスで美容液を
使用するとさらに効果もアップします。